海外旅行(ポーランド) その4 トイレ

既に書いた事と重複しますが、行く前は、トイレは最重要課題の一つでしたので、改めて書いてみます。

結論から言えば、心配無用!とまではいきませんが、気楽に考えていて良いと思いました。

ホテルの部屋のトイレは無料です(ただし、ロビーなど部屋の外にはあまりトイレが無い気がします)、レストランや観光地は有料のところが多いですが、コインが無くてもおつりがもらえます。1回、30円とか50円なので、安くはありませんけど、ツアー参加の場合は、機会があったら毎回行っておいた方が良いです。 ポーランドの場合は、観光地はあまり問題ありませんが、途中のドライブイン(トイレ無料のところが多かった)や、レストランでは、一人分しか無い場合がほとんどで、まぁ、考えてみれば日本のレストランとか食堂だって、一人分のところも多いですけど、ツアーで団体行動する場合はどうしても行列になってしまいます。日本人がずらーっと並ぶので、現地の人にはいい迷惑ですね。しかし、行きたくていけなくて我慢ということは一度も無かったです。ツアーのトイレは、お金をケチらず、いける時にはいきたくなくてもとりあえず行っておくのが良いですよ。 絞れば出るものだと我ながら感心しました。(^^;

今回利用したトイレは全部人に料金を払う形式で、コインを入れるタイプのものはありませんでした。ワルシャワのいくつかのトイレは、コインを入れるタイプで、VISA の PayWaveに対応しているという事から、PayWaveのカードを作ったのですが、結局使わずじまいです。

観光地では、レストランに頼めば、食事をしなくても、お金を払ってトイレだけ使わせてくれるようで、だいたい60円くらいとのことです。公衆トイレは、ツアーだったら添乗員さんに聞けば良いですが、個人ツアーだったらトイレの場所をあらかじめ調べておくか、「i」で聞いた方が良いかもしれません。どこかの建物の地下とか、結構わかりづらい場所のもありました。

男性用の便器は高さが問題で、結構やばそうな高さのもありました。女性のは入っていないのでわかりません。ウォシュレットは全く無く、ホテルのトイレもお尻を洗ってくれませんでした。最初とまどったのは、フラッシュレバーが無いことで、水タンクの上のボタンを押すタイプや、壁の飾りパネルのように見える大きなパネルを押し込むようなタイプが多かったです。フラッシュレバーに慣れている日本人は、あんなに大きなパネルを押し込むなんて気づかないのではないかもしれません。私は最初のホテルで探して、床にあった棒のようなものを押してみましたが、便器掃除用のブラシの柄でした。(^^; 

到着後にトイレ用の小銭を用意するかどうかですが、旅行していれば何かと支払って小銭が出来てしまいますので、特に不要だと思いますけど、不安であれば、両替屋やATMで一番少額の紙幣を入手しておくか、ホテルのレセプションでコインに変えてもらうと良いと思います。 私たちも最初のホテルで20PLNをコインにしてもらいました。

なお、ポーランドは、ズオティの下に、グロシェという 1/100の単位があって、コインは、ズオティが、5,2,1 にグロシェが何種類かあり、大きさもいろもまちまちで、必ずしも高額の方が大きいということでもなく、結構混乱しますので、コインが見やすいコインケースがあると便利です。また、1グロシェはラッキーコインなので、綺麗なものが手に入ったら、お土産に持ってくると良いと思います。 ブロツワフでは1グロシェコインを持った小人のお土産とか沢山売ってました。

Amazonで買ったマネークリップとコインケースはとても便利でした。

 

カテゴリー: 海外旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です