海外旅行(ポーランド) その2 お金の事

お金は国内で用意していくものだという意識があったので、入手しづらいズオティ(ズロチ)をどうやって両替するか心配しましたが、今時はクレジットカードを使って、ATMから現地通貨を引き出す方法が主流の様です。 空港や現地の銀行や両替屋、あるいはホテルの両替なども使えますが、レートが良くありません。

今回は、全食事つきのツアーなので、現地通貨を使う機会としては、

  • レストランでの飲み物(ワインとかビールとか)
  • お土産
  • トイレ

くらいでした。 お土産やスーパーでの買い物はカードが使えるし、トイレは1回1-2ズオティといったところなので、現地7日間とすれば、

  • 飲み物が、20ズオティ x 14 = 280zl(昼と夜)
  • トイレが、1日3回として、6ズオティ x 7 = 42zl

ですから、322PLN で、10,000円分もあれば十分な計算です。

ただ、やはり現地通貨無一文で行くのはちょっと心配でしたので、成田空港で、夫婦それぞれ 20PLN x 10 の 200PLNずつ両替しておきました。 円にすると 7220円で、1ズオティ36円とレートは悪いです。(ATMだと、レートが30.83円ですが手数料4%かかるので、32円くらいです)ちなみにポーランドだと場所によってレートがまちまちですが、35円から38円くらいまであるようです。いずれにしてもATMがかなりお得です。

私はこれで十分だと思っていたのですが、ワルシャワについて妻が心配するので、ものは試しと、ATMにカードを入れて、現地通貨を引き出してみました。いわゆるキャッシングというやつですが、日本ではあまりやりませんけど、海外旅行では、両替屋よりレートがずっと良いので、今はポピュラーな手段だそうです。

ATMがどこにあるのか、また使い方も心配でしたが、到着してみれば、どこにでもあって、言語も英語が選べるので、楽でした。(辛かったのはスーパーのポーランド語しか出ないセルフレジ)

ところが、初めての事で、しかも予定していなかった行動だった上、SIMカードが有効になっていないという状況で頭の中が一杯一杯でしたので、ここで思わぬミスをしました。カードを入れて、キャッシュ引き出しを選ぶと、金額の候補が表示されます。私は、好きな金額を入れるのかと思っていたので、ここでちょっと面食らってしまいました。見ると、5000PLNくらいから始まって、一番低いのが1000PLNとあります。ちょっと多すぎるなとは思ったのですが、横にいた妻の「一番安い1000PLNでいいんじゃない?」という言葉にそのまま、1000PLNを押してしまいました。そうしたら、100ズオティ札と50ズオティ札がどばっと出てきて、いきなりお金持ち状態に! 思えば、1000の次に、OTHER があったので、それをクリックして、300くらいにしておくべきでした。 ポーランドで、50 / 100 というのは、高額紙幣になるそうで、場合によっては御釣りが無いといわれることもあるそうで、成田空港では20ズオティ紙幣にしておいたのですが… 実際レストランで 10 程度のビール飲んで100ズオティ札を出していた人が居ましたが、かなり迷惑そうでした。 逆にスーパーとかお土産とかある程度まとまった買い物をするときには使いやすいので、それほど心配する必要は無さそうではありましたけど、日本でコーヒー一杯飲んで1万円札出す程度の感覚でしょうか。

そんなわけで、超お金(現金)持ちになってしまった私たちは、以降ほとんどクレジットカードを使う事はありませんでしたが、実は、このATM事件の前に、スーパーに寄っていたので、そこのセルフレジでクレジットカードを使いました。このレジがまったくひどいもので、商品を1個か2個スキャンする度にブーとなってエラー、横にいる女の子の店員さんに助けを求めるのですが、彼女がまた超!不愛想。めんどくさそうに機械をリセットして復活させます。リセットといっても磁石みたいなものをポンと当てて、失敗した商品を再スキャンするだけです。このフォルトを4-5回繰り返してようやく全部スキャン終わって、さて支払いということになったのですが、何しろ全部ポーランド語なのでさっぱりわかりません。結局最後にまた店員さんを呼んで、クレジットカードで支払いたいのだけど、どうやるの?と聞いたら、ぱぱっとやってくれました。なんだ、英語わかるんじゃん! それまで全く不愛想で一言も口をきかないので英語話せないのかと思っていましたが、少なくとも理解はできるようです。

話がそれましたが、クレジットカードが普及しているとは言え、やはり現金は便利で、どこでも不安なく使えたので、1000ズオティは多すぎだとしても、結果的には、ある程度まとまっておろしておいて良かったのかなぁと思っています。最悪使いきれなかったら空港で日本円に戻すつもりでしたが、ツアーの参加者に200ズオティほど助けていただいた(現地通貨が足りなくなった人がいて、レート35円で日本円と交換….30円でいいですと言ったのですが、結果もうかってしまった…)事もあって、小銭含めて全部使い切りました。現金を使い切る事を目標に、チーズもチョコレートもスープの素もどっさり買ってもこんな感じなので、全食事つきツアーで現地通貨3万円を使い切るというのは結構大変なことなのだと思いました。

クレジットカードですが、クレジットカード自体、カード番号と緊急時連絡先だけ控えてあれば、いざというときに止められますし、現金よりずっと安心ではあるのですが、やはり一番安心なのは、プリペイドタイプのクレジットカードだと思います。ちなみに、JCBは全く使えませんし、Amexもほとんど駄目ですからから、VISA か MasterCardになりますが、VISAは、Paywaveという非接触決済が始まっていて、空港や観光施設の自動販売機や今回は利用しませんでしたがトイレなどで対応しているので、PayWave対応のプリペイドタイプのVISAカードが便利です。ということで、今回は、私と妻用に、アプラスの GAICA を作って、私は予備のカードを持ちましたが、妻は、GAICAカードのみを持っていくことにしました。(結局妻は成田で現金を200ズオティに両替した以外は、1円も使いませんでしたが…) GAICAは新生銀行と連携していて、銀行口座とカードの間で無料で出し入れができます。もちろん国内でもVISAカードとして使えますが、国内ではすでに別のカードを使っているので、旅行から帰ったら、全額新生銀行の口座に戻しておしまいです。

ソニー銀行のデビットカードも作りましたが、ドルなどの主要通貨ではお得らしいですけど、ズオティは対象外で、あまりお得ではありません。マネパも同様で、カード作っただけで使っていません。

トイレですが、小銭が無いと大変だなと思っていたのですが、ショッピングモールのトイレなどは無料で、有料のトイレの場合は、店舗のレジとかトイレの前の管理人?にお金を払う形式なので、お札でも全然OKでした。観光地では、観光地の公衆トイレの他、レストランに2ズオティくらい払えば使わせてもらえるようです。 日本でレストランのトイレだけ使わせてもらうのは気が引けますが、有料な分、気軽にそういうことができるのは良いですね。

物価ですが、ガソリンは日本と同じくらい、スタバも同じくらいですが、チーズやハムなどの食品類はかなり安く感じました。現地の消費税は何段階かわかれているようですが、贅沢品は高くて23% 、食品は8%くらいみたいです。

忙しいツアーではありましたが、私たちは毎晩ホテルの近くのコンビニかスーパーにお酒(ウォッカの小瓶)と氷を買いに行って晩酌していたので、結構細かいレシートが溜まりました。全部ポーランド語でどこで何買ったのか、ぱっと見ただけではわかりませんが、時間のある時に分析してみたいと思っています。

カテゴリー: 海外旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です