ヒット文具の香り モジライナー&デコラッシュ

モジライナーとデコラッシュは、姉妹商品というかアウターが互換で両方とも詰め替え用(リフィル?)がある。

この手のすぐれものには良くある事だが、「これは何?」と訊かれても即答が出来ないというか、即答しても伝わらない歯がゆさがある。例えば、フリクションペンはもう既に市民権を得ているが、最初は、「消せるボールペン?ボールペンって消えないから良いのでは?消せることにどういう意味があるの?」なんて思った人もいるだろうし、その昔はポストイットだって、「すぐに取れちゃうのり?それって不良品じゃない?」みたいな印象があったと思うが今では様々な場面で必須アイテムになっている。

デコラッシュは、修正テープ(修正液のテープ版)からの発想のようだが、さながら「文字を消せないどころか目立たせてしまう修正テープ」といったところだろうか。実にびっくりぽんな商品だ。

ところで文房具全般に言える事だが、一番大事なのは、「使って気持ちが良い」ということ、感覚的な気持ちよさとそこから更に一歩進んだ脳で感じる気持ちよさというのがある。Amazonで面白そうだと思ってポチる時は、そこがまったくわからないので、買ってみて残念なものも沢山あるのだが、これは期待以上だった。この部分はうまく説明出来ないのだけれども、「おっ、おぉ~、あー、うふん(ハート)」みたいな感じで、とにかく一切のストレス無く、転写テープが思った場所に綺麗に貼れる。長いテープ上になっているので、セロハンテープを切る時のような「ここまで」という切り上時の後味の悪さがあるのかと思ったのだが、まるで蛍光ペンで線を書いているような感覚で使える。この精密機器のような先端(ペン先?)が技術者の心をくすぐる。

私は仕事で使おうかと思ったので、モジライナーを一本買おうとしたのだが、気がつけば、年賀状とか、みかこさんが教室で生徒さんのノートにマークをつけたりするのにも良さそうだと考え始めて結局リフィル合わせて20本くらいかってしまったが、これは後悔せずにすむばかりか、モジライナーの方を買い増ししてしまいそう。

あと、同じメーカーで、たぶんこちらが本来のものだと思うのだが、修正テープがあって、その新しいものとして、「裏から見えない修正テープ」というものにも興味がある。これも、最初「裏から見えない」ってどういう事?修正テープなんて上から見えなければ良いのでは?と思ったが、説明を読んで納得。

久しぶりに素敵な商品に出会ってしまった。

   

カテゴリー: ZAKKI パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください