車中泊でプロジェクター

車中泊の時、車の中で映画を見るのが楽しみの一つになっている我が家

以前はタブレットを使っていましたが、フリードになってからは、モバイルプロジェクターを使っています。

これは、以前、家で使う為に購入したもので、サイズと性能のバランスが良いものだと思います。不具合と思われる現象も一度も無く、安定してつかえていて、ファンの音もそれほど気になりません。また、バッテリー内蔵で、本体駆動だけでなく、HDMIケーブルで接続しているスマホにも電力が供給されるので、映画の途中でスマホのバッテリー切れなんて事もありません。本体のバッテリーだけで映画一本は十分見れますが、更にACで給電しながら使えば、車中使用時に電力に関しては一切の心配がいらないです。

ちなみに、車中でのACは、以前はTOYOTA純正のインバーターを使っていて、それはそれで良く出来ていたのですが、ちょっと重たいので、今は、AC供給できるポータブル電源を使っています。フリードで車中泊する時は、ほとんどエンジンを止めているのですが、これならエンジン止めていても使えます。(ブレーキ踏まないとエンジンかけられないので、車中泊状態からエンジンをかけるには、一度外に出て運転席のドアをあけて、ブレーキペダルを手で押さえながらスタートスイッチを押さなければならず、超面倒です)

これのAC出力はあまりW数が大きく無いのですが、これ自体のサイズが手ごろで、扱いやすく、普段車のシガーにつなげておけば何かと便利に使えますし、ソーラーパネルも直に接続できるので、先日の停電時もこれとソーラーパネルがあるおかげで、LEDライトやスマホの電源に関しては一切心配がいりませんでした。

いつもながら、前置きが長いのですが、ここからが本題で、プロジェクターとなると、スクリーンをどうするかということを考えなければなりません。 車中泊、プロジェクターなんて検索しても、やっている人が少ないようで、これといった情報がヒットしません。いろいろ検討した結果、次のようなものを使う事にしました。

プロジェクタースクリーン用というのは高いですし、取り扱いがめんどくさそうなのですが、シーツというのも普通は模様が入っているし、まったく白いシーツを新しく買うというのも、なんだかなぁと思ったので、パネルシアター用パネル布というものを買ってみました。 これただの白い布なので、畳んでしまえるし、車に突っ張り棒を渡してぱっとかけるだけでスクリーンになるので、便利です。でも、ピンとはるのには何かもう一工夫必要だし、下手にフレームでもつけて、収納性が悪くなるのもいやだったので、棒に布切れ引っ掛けて見ているというその場しのぎ的なイメージがぬぐえませんでした。しかも、先日のドライブでは、これを無くしてしまって(実は昨日部屋の隅にあったのを発見したのですが)、また同じものを買うのもなぁと思ってAmazonをみてたら、ラッキーなことに、32インチのモバイルスクリーンが、タイムセール中で、2400円! で飛びつきました。

以前にもこういうタイプを検討したのですが、その時は、サイズを決めかねていて購入できませんでした。今は、何回かやってみて、フリードで使うには、このサイズがベストだとわかって来たので、サイズの悩みはありませんでした。フリードの荷室は、リアゲートに向かって高さが低くなっていき、天井はラウンドしていて、幅も一定ではなく、そこに板を渡してテーブル代わりにしていますから、高さやプロジェクターの距離などを考えると、このサイズがベストだとわかるまで何回か試す必要がありました。ちなみに、テーブル代わりの板の横幅は、120- 127cm です。幅があるのは、そのテーブルをどうやって固定するかによるからで、だいたい120cm(セミダブルベッドサイズ)だと思っていれば良いかと思います。

H_20180925105103_1

そのスクリーンが今日届いたのですが、自分のイメージしていたものよりずいぶん大きくてびっくり! あちゃ、サイズ間違えたかと思ったら、ご覧のマトリョシカ状態で、イメージしていたサイズのものが出てきました。凄い色ですがケースもついていて便利そうです。中央に小さな転倒防止用の足がついていて、それをくるっと回すとロック解除になって、スクリーンが引っ張り出せます。スクリーン以外の可動部分はここだけで、非常にシンプルで作りもしっかりしていて、安心感があります。

H_20180925105349_2

実際に使うときは反対向きですが、車の中ではこんな感じになります。自作であればもう一回り大きくしても良いくらいですが、スクリーンサイズは段階があるので、この次のサイズは収まりません。このスクリーンみたいに任意の位置で止められるものなら、天井のコーナーに当たるまで引き出すような使い方で、もう少し幅の広いものも使えると思いますが、たぶん、これ以上大きくても投影面積はあまりかわらないでしょうね。

次回の車中泊はまだ予定を立てていませんが、これを使うのが楽しみです。

カテゴリー: 車 car, 車中泊 Stay In a Car, フリード Freedo パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください