どんびこ

今日、みかこさんが鮭を2匹いただいたので、そのうち1匹をさばいてみた。
実は、こちらに住んで10年以上になるのに、鮭をさばくのは初めて。
釣りをやらないのと、頂いた鮭は全部義母がさばいて料理してくれるだ。

さばき方のホームページを探して、いざやってみると、案外簡単。
エラを取って、内臓を処理してあとは、骨を境にこっち側と向こう側に分けるって感じだな。
広い台が無いのでシンクの中での作業となるのがちょっと(腰が)辛い。

さばいていたら、三角の内臓がころんと出てきた。
以前、たまたま缶詰で見つけてとても美味しくて、でもそれ以来まったく手に入らない珍味。
鮭の心臓だ。
別名 どんびこ というらしい。何しろ1匹さばいて1個しか無いんだからねぇ。
貴重だ。

さて、どうやって食べたものかとしばし思案の結果、やっぱすぐ食べたいので炒めちゃった。
骨からなかおちをスプーンで集めてそれと一緒に、塩コショウ&輪切り唐辛子炒め。
こりゃ、うまいっす!身の方は、きっと義母が厚めに焼いてからカボスしょうゆ漬けにしてくれることでしょう。
アラと白子は味噌汁かなぁ。
でも、今日、知人に、白子のてんぷらが美味しいと聞かされた。
塩で食べると最高らしいけど、食べてみたいなぁ。
今回は、よくわからなくて、めふんはパスしたけど、次回は挑戦してみる予定。

 そうそう、北海道に来てびっくりした事の一つ。
「鮭の切り身が立っている!」
東京では、切り身の厚さは1cm~1.5cmくらいだった。
子供のころからそうだったから
鮭 = この厚さの切り身
だと思っていた。
流石に切り身の状態で泳いでいるとは思わなかったが、魚の全体像なんて考えたこともなかった。
当然、この厚さだと良く見るように皿の上に横たわっている感じで出てくる。
それがどうだろう、北海道で食卓で見た鮭は、なんと、皿の上に立っているのだ。
厚さ…というより、太さともいえるそのサイズは、3cmは軽く超えるだろうな。
これには、ほんとにびっくりした記憶がある。
いまじゃ、慣れてしまって、あたりまえになっちゃったけどね。(^o^)

カテゴリー: ZAKKI パーマリンク

2 Responses to どんびこ

  1. そのみ のコメント:

    こっちに、コメントしますね。
    鮭さばくのって、広さが必要ですよね。
    私がさばくときは、食卓テーブル片付けてやってます。
    新聞広げて、でも、はじめさんは生鮭で内蔵あるから、
    新聞だけだときついかな。
    テキパキ奥様ですって、それほどでもオホホホホホ。
    Ka’sから見ると、私はかなりアバウトらしいですが。
    夫婦というものは、どちらかが出来ればそれで、
    いいんじゃないかと(^^;

  2. はじめ のコメント:

    生鮭は、任侠の世界ですから、食卓では無理です。
    流しの中で洗いながらって感じでやりました。
    それに加えて、排水溝があのヌメヌメですぐに
    詰まっちゃいますから、ボウルと排水溝の上に
    乗せる網を使って、排水溝がつまらないように
    常に、ヌメヌメやうじゃうじゃやぶにょぶにょを
    ボウルに取りながらの作業になります。
    ところで私がどうしてもさばけなかった部分
    それは、「頭」です。頭の中から氷頭とよばれる
    部分を取り出したかったのですが、どうにも歯が立ちませんでした。
    それなのに….義母がもう一匹の鮭をさばいたら
    いとも簡単に頭がマップタツ!
    中心を見極めてきちんと包丁を入れると簡単に切れるんだそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください