インターネットの果て

世界の果てには何があるのか….
地球が丸いという事を、特別実感したわけでもなく、
いつの間にか常識として身に付けてしまってから、
そんな子供じみた発想ができなくなったわけだが、
実は、3Dの果ての他に、時間軸の果てというものも存在する。
こちらは、あまり良いイメージが浮かばない。
現代社会におけるもう一つの世界、インターネットにもまた果てはあるのだろうか。
インターネット(ここでは狭義にWWWの世界であるが)はリンクという仕組みで
情報が相互に接続された、バーチャルな世界だ。
現実世界との最も大きな違いは、距離の概念が無い事、
そして時間を自由に行き来できることだ。
内容はよく知らないが、ジャンパーという映画が 3/7 から始まるが、
これは、バーチャルの世界では、今や誰もがやっているネットサーフィンそのものではないかと思う。
ただし、未来を作る(新しい情報を入力する)事はできても、未来に飛ぶことはできないが…
さて、ここ数年で、インターネットの中核がホームページから、Blogに移ってしまったように思うが、
Blogになって便利なことと言えば、簡単に情報を追加することができるようになったこと、
そして、簡単に情報にアクセスできるようになったことだ。
後者は、RSSとブログリーダーというものの存在が大きい。
私が便利に使っているリーダーは、GoogleリーダーというGoogleが提供するサービスであるが
これは、ダウンロードして使うものではなくネット上に存在するので、いつどのPCからアクセスしても
使えるという事に尽きる。Googleのサービスは全部そうなので、もうGoogle無しの状況は
考えられないところまできてしまった。
GoogleはインターネットのOSになってしまったのだ。
そのGoogleリーダーの追加機能に、ブックマークレット というものがある。
その正体は、ある特殊なURLなのだが、これをブラウザのリンクバーにドラッグしておけば
「次へ>>」というリンクをクリックする度に、自分がGoogleリーダーに設定したBlogの
未読の記事を連続して読むことができるというものだ。
そのブックマークレットで、全ての未読記事を読み終えた時に表示されるのが、
次の1文。

そうか、インターネットに果てがあったのだ。そして、今まさに自分はその果てに辿り着いてしまったのだ。あぁ感動なのであった。
もっとも、私の場合登録しているBlogは4つほどしかないので、あっという間に果てについてしまったが…
しかし、「未読はありません」とか、「最終ページ」なんて表示されるのに比べて、
なんとも楽しい表現だと思う。
日ごろネットワークを仕事場としているので、ついつい忘れがちになってしまうが、
こういう部分で楽しむという事が大切なのだとも思う。
さて、この「インターネットの果て」であるが、なぜかリンクになっているのでクリックしてみる。
「果てとは何か」なんて説明が出てきたら興ざめだと思ったのだが、
さすがGoogle、笑わせてくれる。

おめでとう!
もうなーんも無いから、PCの電源をOFFにして何か生産的なことをやってください。
後生だから本でも読んで! (…ってところかな)
だって。(^o^)

カテゴリー: ZAKKI パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください