フリードプラスで車中泊 【くつろぐ編】★プロジェクターで映画を見よう

車中泊と言えば、映画鑑賞(古い?)という我が家。ほとんど毎回何かしら見ています。

車中泊の動画は、ダウンロード可能な動画配信がベスト


家では、以前は、ビデオデッキやDVDやBlu-Ray、古いところではレーザーディスクといったもので映画を見ていましたが、今は 100% オンデマンドになっています。 オンデマンドの選択肢は、いくつもありますが、車中泊では WiFi はほぼ使えませんし、パケットにも上限がありますからストリーミングで見るのはまだ難しいと考えています。 映画一本で1G , 2G 消費していては直ぐに上限に達してしまいそうです。

そこで我が家では、ダウンロード可能な動画配信サービスを使っているのですが、今のところ次のようなものがあるようです。

  • Apple iTunes ビデオ
  • dTV (DoCoMoのやつ)
  • Amazon プライムビデオ
  • Google Play ムービー
  • Netfix
  • U-NEXT
  • ビデオパス

以前よりかなり増えましたが、それでも、あまり選択肢が無い感じです。最初我が家では、初代 iPad で、Apple の iTunes ビデオを見ていましたが、値段も高いし、旅行に行く前に見る映画を決めてダウンロードしておかなければならないしで、イマイチでした。その後 自宅でもAppleTVも使わなくなってしまったので、今どうなっているかわからないのですが、あまり話題にもなっていないようです。
次に試したのは、dTV ですが、月額500円くらいでしょうか。これは結構使えるかなと思っていたのですが、定額の範囲で見れるものが少なくて閉口しました。ユーザインターフェースもなんだかもさっとして使いづらかった事を覚えています。
その次は、Google Play ムービーでつないだものの、月額料金がかからない分、ほとんど有料で、予め購入してダウンロードしておかなければならないという点で車中泊と相性が悪かったです。
車中泊では、映画をフルに見れるときもあれば、途中までで寝てしまうときもあるし、そこで見なければ家に帰ってから見る時間が取れることは稀なので、無駄になってしまったものもいくつかあります。その時の気分で選べないというのも悲しいところです。車中泊では旅行中のいろいろな刺激から、見たい映画が変わる事が多いのです。

Amazonプライムは車中泊向き


そんな経緯があって、現在は、Amazon プライムビデオを使っています。これは実に車中泊向きのサービスで、年額 3,900円のプライム会員になれば、Amazonのお得なサービスといっしょにプライムビデオも無料で使えます。その無料の範囲で見れるものも沢山あり、オリジナルのドラマもまた結構面白いものが多いのです。特にオリジナルドラマは、好みに合えば、1シリーズダウンロードしておくと、車中泊3-4回分は見れる事もあって、「はぴまり」とか結構ハマリました。 私一人だと、「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」とか洋物が多いのですが、妻と観る時は、和ものが多いかな。

Xperia Z5 に映画 5-6 本は十分ダウンロードしておけるので、良さそうなものを選んでダウンロードしておいて、車中泊の時にどれを見るかを妻に決めてもらっています。

フリードプラスなら、車内シアターが楽しい


デバイスは、以前は、スペースの制約から8インチタブレットを使っていた事もあるのですが、フリードプラスを買ってからは、車内にスクリーンを立てられるようになって、プロジェクターで見ています。キャンプでプロジェクターは、本当にやっている人がいるのか?やってもヘッドフォン必須では?と思うのですが、車中泊だと多少工夫すれば近隣の車に迷惑をかけずにゆったりと映画を見る事ができます。ドライブインシアターというものがありますが、あれに近い感覚でしょうか。32インチクラスでも車の中だと結構大画面。コンパクトな分没入感もあります。

車内シアターに必要なもの


だいたい次のようなものが必要ですが、プロジェクターとスクリーン以外は、持っている人も多いものかと思います。

  • スマートフォン
    スマホでもタブレットでもなんでも良いのですが、ダウンロードしておく容量がある程度確保できて、HDMI/MHL出力出来るものが必要です。今時はほとんどのスマホで対応していると思います。最近は、Wifi とか Bluetooth で接続できるものもありますが、そういう接続だと Amazonプライムの画面が表示されなかったりします。(ミラーリング系はダメみたいです)
  • モバイルDLPプロジェクタ
    私が購入したときは選択肢は多くありませんでしたが、今は沢山。選択基準は次のような事から選ぶと良いと思います。モバイルプロジェクタは、車中泊用というより、ビジネスシーンで使われる事が多いらしく、価格サイトのランキングなどで人気上位を占めているものが必ずしも車中泊向きではありませんから注意が必要ですね。

     

    • 値段
    • 設置のしやすさ ※これ意外と大変なので、三脚ネジが使えるのが良いと思います。
    • 解像度・アスペクト比
    • 明るさ・コントラスト比 ※家庭用が1000とか2000に対して、モバイルプロジェクタは 100 とか 200 で大丈夫だろうか?と心配になりますが、距離が距離だけに夜なら普通に見れます。あとルーメンの表記に騙されないように注意です。モバイルのくせに2000ルーメンとか書いてあるものもありますが、ANSIルーメンだと200くらいだったりするみたいです。どこの明るさかの事を言っているかによりますので、ANSIルーメンで比較したほうが良いでしょう。ちなみに、明るい部屋でも見れる程度というのはだいたい500ANSIルーメンあたりからだそうですので、昼間も車内で映画を見たい方は少々高いものを買わないとならないかと思います。
    • 機能:特別な機能は不要ですが、天吊りができる上下反転は有った方が良いかも。台形補正とかもあればベターですけど。
    • 音 ※音はプロジェクタのスピーカーより Bluetooth スピーカー使った方が良いですが、サイズが大きくなったり重くなったりしない範囲で適度なスピーカーがついていたほうが良いですね。
    • 駆動時間 電力確保は車中泊の悩みの一つですね。映画一本分程度でもバッテリー内蔵タイプの方が良いでしょう。プロジェクタの電力だけでなく、スマホ側のバッテリーも考えておきましょう。USB端子を使ってHDMI出力している時は充電できないので、HDMI側からスマホ側へ電力供給されるものが良いと思います。
  • Bluetooth スピーカー
    映画って、「音」大事ですよね。スマホからモバイルプロジェクターにHDMIで接続したら、音はプロジェクタ側から出力しなければならないわけでは無く、スマホから直接 Bluetooth で飛ばせます。最近は小型でパワフルなBluetoothスピーカーが沢山あるので、好みのものを使うと良いと思います。低音が好きな人は、BOSEとか?
  • スクリーン
    最初、白い布でもなんでもいいやと思っていたのですが、サイズの見当がついたら、モバイルスクリーンがお勧めです。我が家のスタイルだと、16:9 32インチがベストでした。まさにスクリーン!臨場感がまるで違ってきます。

我が家のデバイス紹介


前の記事でも書いてはいるのですが、我が家で使っているものをご紹介させていただきます。

  • スマートフォン
    これは、何度も書いているように、Xperia Z5 です。この機種にこだわっているわけではなく、たまたま私のスマホがそうであるだけです。
  • モバイルDLPプロジェクタ
    ASUS 小型ミニプロジェクタ S1
    壊れて次買うとなっても、またこれを選んでしまいそうなほど、気に入っています。
    200ANSIルーメンですが、車中泊に実に「ちょうどいい」フリードみたいなやつで、とても機能・性能のバランスが良いです。音も気にならず、バッテリーも映画一本分は持つし、給電しながらも使えるし、HDMIでスマホに給電するので、映画見終わった後スマホのバッテリーは100%になっています。モバイルバッテリーとしても使えます。 S1 Travel というのも出ていますが、アスペクト比から 16:9 が消えているのが気になります。更に小型の ZenBeamというのも出ましたが、150ルーメンと少し暗いです。たぶん車中泊では十分でしょうけど。三脚穴もついていて、くねくね足の三脚とか持っていると車の中での設置にもあまり悩まないですみます。上下反転もしますので、最近ではフリードのセカンドのグラブレールに100均突っ張り棒をかましてくねくねミニ三脚の足をからませて天吊りしてみていました。
  • Bluetooth スピーカー
    DENON Envaya Pocket DSB-50BT (シリーズの中で一番ちいさいの)
    小さいけどパワフル・とても素直な良い音で、映画に最適です。
    これ自体ステレオですが、よりステレオ感が欲しい人は2台でワイドステレオにすることができます。私は1台しか持っていませんが、常にAmazonの「あとで買う」商品に入っています。バッテリーはとても持ちます。2-3日なら充電なしで使えますし、小型なのでスクリーンの前に置いたり、音漏れが気になる時は、もっと近くに寄せたりして使えます。Bluetoothの接続も良好で、複数の機器とペアリングしておいて簡単に切り替えられます。それと、ファブリックに包まれた上品なデザインなのに、これ、防水なんですよ。お風呂でJazzとか聴いたら最高ですよ!
  • スクリーン
    Houzetek スクリーン デスク用 自立式 16:9 32インチ
    我が家のスタイルにはベストマッチでした。しかもたまたまAmazon見てたら、セールで、2,399 円でした。ラッキー。
  • プロジェクタ固定機材
    Htwon マジックアーム+スーパークランプ カメラスタンド 11インチセット。
    まだ使っていないのですが、フリード用に作ったテーブルの中央から、まっすぐ手前にアームを伸ばしてプロジェクタを固定したかったので、買ってみました。次回使った時に詳しくご紹介しようと思っています。
    天吊りだと、HDMIのケーブルがじゃまくさいし、プロジェクタのバッテリーがなくなると、ACで給電しながらなので更にじゃまくさいので何とかしようと思って買いました。車内は狭いので、自分たちの体の後ろにプロジェクタを置くと自分たちが邪魔になるし、距離が出過ぎてスクリーンに入りきらなくなります。かといって下に置くとお酒飲んだり、つまみ食べたりするときにずれちゃったりして、あんまり具合が良くないのです。

以上、今回はちょっと長くなってしまいました。いずれ実際にセッティングしているところをビデオでもご紹介できればと思っています。

それでは。


ようやく動画撮りました。
寒くて、挨拶忘れました。もともと要らなかった?

 

カテゴリー: -, 車 car, 車中泊 Stay In a Car, フリード Freedo, DVN DuoVehicleNight パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください