Java は、”これ!”っと決めました。 Amazon Corretto

ベタなダジャレスタートでごめんなさい。
AdoptOpenJDKも考えていたのですが、最近は、AWSで動かす事がほとんどだということもあるし、個人的にAmazon好きなので、Oracle のが使えなくなり、代わりに、Java 8 の正式版( Amazon Coretto 8 )がダウンロード出ましたので、こちらに決めました。

https://aws.amazon.com/jp/corretto/

Java 11 版のプレビュー版も出ていますが、Tomcat は問題無く動作させられるものの、各IDEがまともに動かなかったりするので、まだ手を出さないことにします。

私の関係しているWebアプリでは、Oracle のも Corretto もIDE / Tomcat とも、まったく違いを感じることはなく、そのまま単純に Oracle Java のリビジョンアップ(update)と同じ手順で切り替えられました。 Java自体は同じなので当然とも言えますが、やはり実際に試してみるまで心配な人も多いのではないかと思います。

利点は、上記URLに記載されていますが、何が良いかって言うと、私的には、提供ページがとてもわかり易い事と、「無料」であること、提供だけでなく、長期サポートも無料でかつ、その期間も、 at least June 2023 とはなっているものの、明確になっている点です。 Oracle からダウンロードしていた人にはわかっていただけるかと思いますが、どこからダウンロードするか毎回探したり、”あの”ラジオボタンをいちいちクリックしたりとかのごちゃごちゃ感がゼロで、非常にすっきりしています。

それでは。

カテゴリー: ZAKKI パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください