車の定期点検をしてきました

 運悪くこのタイミングで定期点検いれてしまったものだから、小樽のホンダまで行ってきた。約2時間頭をバンダナでカバーしてマスクをして、他の客が来ない換気の良い(その分ちょっと涼しい)片隅でじっとしてた。こんな状況でなければ怪しいおっさん。お店はすごく気を使っていて、ボールペンも除菌済みと使用済みを分けているし、(これはいつもだけど)すべてに清潔感があった。それでも、コーヒーは断って自分で持って行ったのを飲んだし、トイレにはいかなかった。帰ってきたら、アンダーウェア以外は全部洗濯機に放り込んで、シャワーを浴びた。(シャワー中はアンダーウェアは脱いだよ) 車の中とドアハンドルも、キーもカバンも全部除菌。ウイルスが付着している可能性を考えて対策するのは、相手を疑っているわけではなく、むしろマナーだ。私が感染したときに、お店に疑いがかからないようにね。私はお店に行くかどうか選択できるけど、お店はお客様を選べないからね。

別の店の話だが、店員から感染者が出たときに、それが誰とかどの売り場だとか騒ぐ人がいるようだけど、そんなの知ってどうなるの?店だって当然クラスタが起きないように、その店員の動線を中心に店全体の対策をするだろうし、それでも気になるなら、あなたが行かなければ良いだけの話だ。店員だってお客様から感染したかもしれないし、別の経路かもしれない、仮にそれが誰だとあなたが知ったとして、その後どうする? 専門家が感染経路調査をするのであれば、必要な事かもしれないけど、そういう目的以外では、その情報は個人攻撃以外の役に立たない。絶対にウイルスが居ないと保証された場所なんて無いし、絶対に感染しない方法も無い。外に出たらどこにでもウイルスがいると思って対策する。それが嫌なら外に出ないで家にじっとしている。この状況では、それしかないと思うのだけど。

医療従事者だって店員だって、そういう職場は感染の可能性が高いのは十分知っていて十分な対策をしているし、本当は怖くて仕事休みたいくらいだろうけど、患者や客の生活の為に頑張ってくれている。そういう人たちが感染してしまったとして、どうしてそれを責められるのか?それが誰かを知りたがるのか?知ってどうなるのか?それが自分の親だったり、兄弟だったり、仲の良い友達だったり、あるいはあなた自身だったりして、それでもそういう個人情報をインターネットに晒す意味があって、必要な事だと、匿名のあなたは言えるのだろうか?

我々は使命感や勇敢さを持った人たちの手を借りながら、全員で乗り切っていかなければならない状況にある。それは確かに脅威であるけれど、皆が他人を攻撃する前に自分で気を付けるという事さえすれば、きっと乗り越えられるはず。 医療や社会を崩壊させようとしているのは誰か? 芥川の蜘蛛の糸でも読みながら、考えてみたらどうだろうか?

カテゴリー: ZAKKI パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください