フリードプラス 4WD 専用? クーラーボックス

FFでも十分という方も多いかもしれませんが、以前にも書いたように、我が家の場合は4WDは必須です。フリードプラスは、カタログもWebの写真なども、ほとんどがFFで、特に、リアゲートを開けた時の写真はFFばかりです。その理由は単純明快で、フリードプラスの”売り”のアンダーラゲッジスペースが、4WDだと高さが全然足りないからです。FFの高さは、ある程度のキャンプ道具や、小型のクーラーボックスならポンと入れられてしまうほどの高さがありますが、4WDのそこは、21cm しかありません。

実は、車を契約してからその事に気づいたのですが、そのくらい情報が少なく、Hondaもそのことを意図的に隠そうとしているかのように見えます。

しかし車中泊というか我が家の旅行には、クーラーボックスは必須です。用途は大きく2つで、1)途中で買った海産物などを家まで持って帰る。 2)車中泊の時の惣菜類の保冷とお酒を飲む時の氷の確保。 です。このうち2)は、車中泊時も手元に置いておくものなので、コールマン テイク6という小型のものを、運転席と助手席の間に置いています。これが結構優れもので、蓋をひっくり返すとトレイになったりします。車中に置いておいても邪魔にならないし、小さくて軽くて可愛いので、最近では、みかこさんが入院中の母に果物を持っていったりするのにも使っています。コンビニやさつどらのロックアイスも何とか入ります。そして、問題?の、アンダーラゲッジスペースですが、探しまくって、ようやく見つけました。

こちらもコールマンで、パーティスタッカー! 高さがぴったりの21cm で、きっちり収まります。クーラーボックスとしての性能はそれほど高くありませんが、悪くもありません。しかも、高さこそないものの、面積は結構あって、酒瓶やらなんやら、特にクーラーボックスに入れなくても良いようなものまで、食材がまとめて入れられてしまうので、先日行ったようなキャンプの様な時でも、別にお土産用としてだけでなく、活躍します。床下なので車中泊時はまったく邪魔にならない…のですが、実は、これ天板がトレイ形状になっていて、車中泊時のテーブル代わりにも使えてしまうため、結局、寝る時も出していることが多いくらいです。高さが無いので圧迫感も無く、寝るときは足元か、手作りのテーブル(単なる板ですが、後日ご紹介します)の上に置いて邪魔になりません。

じゃ、別に下に収まらなくてもいいんじゃない?という声が聞こえてきそうですが、実は車中泊で一番荷物が邪魔になるのが、ベッドメイクと撤収時なんですよね。特に雨の日。その時に床下にいてくれるだけでも助かるわけで、その気になれば、車から一歩も出ずに、たぶん二人乗ったままでベッドメイクできます。移動中に下に隠れちゃうというのも、ラゲッジルームを広々と使えて良いですよ。というわけで、この2つのクーラーボックスは、強力な保冷力を必要としないのであればお勧めです。

なお、車中泊時にお酒を飲むの時の氷は、ロックアイスの氷を、サーモスのアイスペールに移せば、一晩持ちます。残った分はジップロックに入れてクーラーボックスです。

  

カテゴリー: お酒, 旅行, , 車中泊 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です