キャンプ&車中泊の準備 100均で、いろいろ買ってきた

いつも急かされるので、今日は一旦みかこさんを自宅に降ろして、じっくり100円ショップを堪能してきました。といっても、余市の店は小さいのですが…

使えそうなものがあったのでご紹介します。

まずは、あまり面白くないもので、先日買ったステンレストレーの足

EVAなんだね。大きめでペタッと貼るだけなので良し。これでトレイの底がテーブルから浮くので放熱効果もあってGood。滑り止めにもなるしね。

次は、また、あんまりおもしろくないものだけど、フルイ!

粉をふるうものだけど、フルイっていうくらい原始的な仕掛けだ。取っ手を左右に動かすと中のぐるぐるの針金が左右に動いて…って説明するまでもないもの。こんなものキャンプにいらんだろう?と思うけど、そう要らない。実はこれ、ペレットストーブの実験用に買いました。この中にペレットを入れて火をつけてみます。で、ステンレスのメッシュだったらなんでもいいと思っていたんだけど、もしかしたら、このフルイの構造が灰落しに役立つんじゃないかなって期待しています。高さも、あっという間に組み上がるびっくりコンロにピッタリ。

次は、いよいよメインの、食器類

こちらは、今まで使っていた食器。これも100円だった。右のは皿が4枚と蓋兼透明皿が1枚のセットで、車中泊では毎回使っているもの。

で、今日買ったのは、これら

一つはスープ用の器が欲しかったのと、もう一つは、いままでの白い皿が大きすぎていつも持ち歩いているだけみたいになっていたのと、もう一つは、このスキレット風(もちろんプラ)のデザインに妙に惹かれてしまったため。楕円の皿はいつも家でこの形状の磁器皿を使っていて、もうなんでもかんでもその皿になるほど便利なので、似たような形状のを買ってみた。これが白いでっかい皿の代わり。スープ用の器はもちろん、赤と白の丸いやつね。蓋付きなんだけど、この蓋が凄い!なんとパッキンが付いていて逆さにしてもこぼれないんじゃないか?というほどきっちり閉まる。あ、ちなみに全部レンジ可能。キャンプではレンジは使わないけど、レンジ可能だと耐熱が140度あるので、熱いものを載せれるんだよね。

赤と白のまるいやつにスープを入れるとか、あるいはご飯を入れてもいい感じ。スキレット風のは、やっぱり焼いたソーセージとかスクランブルエッグとか載せたいなぁ。これらを二人分。残念ながらスタッキングできないんだけど、まぁ軽いから、メッシュ袋に放り込んでおけば良いでしょう。

ちなみに、ソロだったら、こんなに要らない。私がソロの時はこんな感じだった。

こんなのが一つあればたいていのことはできちゃうよね。まぁ、経験上フライパンだけはちゃんとしたのが一つあると便利だとは思うけど、なくてもなんとかなるよね。バイクだと沢山荷物持てないので、できるだけコンパクトにしたいし。

次は、なんの面白みもないこれ!

これは特殊任務用だな。帯広に行くときにしか使わないものってなんだ?

はい。正解! インデアンのカレー買い出し用でした。 ちゃんと耐熱です。 いままで鍋をもっていったけど、重たいしこぼれそうだしで鍋って扱いづらいんですよ。もちろんインデアンではアルミホイルできっちり封してくれるんだけど。こっちの方が便利だろうなと思います。これ持っていって売ってくれるかまだわからないのですが。

はい。次! 次は、定番固形燃料

実際に使うかどうかはわからないけど、まぁ予備に持っておこうかなといったもの。火つけてほったらかしておけばご飯くらい炊けそうだし。

以上。100均便利?ぐっずの紹介でした。

最近いろいろ揃えたり、整理したりして、今の所次のようにまとまってます。

車中泊しかしない、あるいはもしかしたら車の外で湯沸かしくらいはするかもという時は、右側のバッグだけです。カーサイトとか予約している場合には、左のものを持っていきます。これにあと、コールマンのファイアーディスクが加わります。タープもはろうと考えている時は、ヘキサタープx2 とポール・ペグ類が加わります。もちろん絶対車中泊しかしないし外は寒いから出ないという時以外は、椅子を持ちます。右のバッグと椅子までは良いのですが、それ以上を持つことになった場合は、荷物が多くなり車中泊はかなり面倒になります。

この他の物としては、コールマンのパーティースタッカーの一番小さいやつ。これ高さが20cmなのですが面積がが大きくてたっぷりはいって便利です。保冷性能はあまりありませんけど。あと、コーヒーの道具ですね。

カテゴリー: ZAKKI, 車中泊 Stay In a Car, アウトドア outdoor パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください